nicht mein Tag

じぶんの時間は自分のために。

韓国映画『アラン(阿娘)』を観た

ホラー映画は苦手なので避けてましたが、イ・ドンウクで残された作品はこれだけ・・・ということでTSUTAYAで借りて観ました。。

 

f:id:hal_71:20210621221018j:plain

 

いやーやっぱり見なきゃよかった、・・・眠れないよ~笑

 

韓国の昔話的こわい話「阿娘伝説」をモチーフに現代で再現。韓国はホラー映画『箪笥』の大ヒットでこの手の映画が増えたようで。。ええ、もちろん『箪笥』も観てません、予告だけでうなされそうでした・・・ホラー映画でもザ・アメリカンなゾンビとかチャッキーとかは大丈夫なんだけど(そりゃ実際にいたら怖いだろうよ)、亡霊?幽霊?ああいう心理モノはすんげー怖いのよ、泣。

 

ストーリーはネタバレになるので具体的には書きませんが、こういう展開かっ?!って感じでまぁ面白かったです。一応事件は「人間の仕業」で解決したかのように見えましたが、え?あれは?ひゃ~みたいなナゾを残します・・・最後は「えーどうやったの?!」みたいな。。しかし若い時のイ・ドンウクって、似たような役が多い・・・ビジュアルのせいかしら。

 

約15年前の作品ですが、よくドラマで見かける俳優さんが結構出ていました。『不滅の恋人』のチニャン大君役など「イイ男だけど悪者」が得意?なチュ・サンウクとか、イ・ドンウクの高校生時代を『おバカちゃん注意報』等でこれまた「イイ男だけど闇を引きずる」役が多いイム・ジュファンとか(イ・ドンウクと同じような路線でもある)。結局どこに出てたか分からなかったがユ・インナも出ていたみたいで。

 

今夜、夢に出てくるなら幽霊ではなくイ・ドンウクであることを願います。。 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ